Column

ロクゼロコラム

今すぐ学びたいビジネススキル

オンライン時代でより一層進化する「デジタルマーケティング」とは何か

2022.05.09

この記事をシェアする

皆さんはマーケティングと聞くと何を思い浮かべるでしょうか。多くの方は、商品やサービスを効果的に販売するための、事前調査・情報分析などをイメージするかと思います。

マーケティングをより専門的な言葉で表現すると、「世間やお客様に対する自社の商品・サービスの認知と関心を促す活動」や「売上の向上を目的に行われる取り組み」といえます。もう少し簡単に言うと、「企業(団体)の広告・宣伝に関する取り組み」です。

モノを作れば売れる。そういった時代はとうに終わりを迎え、常に変化し多様性を求められる現代。先に定義したマーケティングの考え方もかなり変わってきていることは、皆さんも何となく認識されているかと思います。そんな時代に生まれ、現在も効果的に活用されているのが「デジタルマーケティング」です。

デジタルマーケティングとは

デジタルマーケティングは、数あるマーケティング手法の中で、「IT技術やインターネットを利用したマーケティング手法」を総称する言葉です。IT技術やインターネットを駆使して自社の商品やサービス、あるいは自社そのものを広告・宣伝していくことで、より広範囲のターゲットに対してアプローチすることができます。

デジタルマーケティングと切っても切り離せないのが、インターネットです。これは言い換えれば、インターネットの普及そのものが、消費者の行動を大きく変え、結果的にマーケティングも進化したといえます。例えば、皆さんがインターネットショッピングで商品を購入する際、何を参考にするでしょうか。多くの方が口コミを見て、その商品の良し悪しを判断すると思います。この口コミはデジタルマーケティングの一つですね。

他にも、「メールマガジン」「SNS」「動画サイト」などをきっかけに、消費行動をとる方もいることでしょう。企業はそういった消費者心理に合わせて、デジタルマーケティングを実践し、インターネット空間で消費者に強くアピールを行うのです。

代表的なデジタルマーケティング手法

デジタルマーケティングの一環として、企業は様々な手法を取り入れています。以下はその代表例です。

Webサイト(自社ホームページ)の構築・運営
・バナー広告・リスティング広告
・動画コンテンツ(You Tubeなど)
SNSTwitterなど)
・メール(メールマガジンなど)
・顧客データ分析
SEO(検索エンジン最適化)
など

この中でもYou TubeTwitterの企業アカウントは、馴染み深い方が多いかもしれません。特にインターネット環境で育った若い層に対しては、こういった媒体を使ったアプローチは効果的な側面があります。シンプルな期間限定キャンペーンの他にも、特定分野に興味のある人たちでコミュニティを作ったり、その方法は非常に多岐に渡ります。

また、こういった手法は単独で実施するだけでなく、必要なものをうまく組み合わせて実施することも効果的です。例えば、顧客データ分析の結果をもとに、アプローチ先を選定してメルマガを配信するなどです。

なお、よく「Webマーケティング」と混同される方もいらっしゃいますが、これはあくまでWebサイトへのアクセスを前提としたマーケティングです。デジタルマーケティングはより広い領域として、IT技術全般を活用したマーケティングであるということに注意が必要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。時代の流れに合わせて商品・サービスの“売り方”にも大きな変化をもたらしています。一人1台のスマートフォンやインターネット環境があるこの現代において、デジタルマーケティングの進化は、売り手・買い手双方の進化の結果ともいえます。多様なマーケティング手法があふれている今だからこそ、私たちはその意味を改めて考え、本当に必要な消費行動を選択できると良いですね。

ロクゼロなら「デジタルマーケティングの基礎」を今すぐ学べます↓↓

デジタルマーケティングの基礎