Theme

学習テーマ

中堅
学習テーマ

営業活動で活かす「仮説思考」

限られた情報から導く仮の結論

仮説思考という言葉をご存知でしょうか。仮説思考とは、限られた情報を分析し、高い可能性として考えられる「仮の結論」を設定する思考方法です。これを営業に活かすことができれば、高い成果をあげることができます。具体的には、情報から顧客の「現状・理想」を整理し、それらのギャップから「課題・ニーズ」を捉え、「自社の提供できる解決策」を仮説立てします。そして、その仮説をもとにヒアリング項目を考えるのです。このようなプロセスを取り入れ、より質の高い営業活動を目指せるようにしましょう。

カテゴリー

ビジネススキル

対象者

中堅

学習のねらい

お客様の情報から仮説を立て、より良い営業活動に繋げる方法を学ぶ

学習内容(60分間)

  • 本テーマのねらい
  • 仮説思考と営業活動
  • 代表的な情報ソースと得られる情報
  • 仮説を立案する
  • 仮説を立案する(サンプル事例A-1)
  • 仮説を立案する(サンプル事例A-2)
  • ヒアリング項目を準備して商談に臨む
  • 仮説を基に課題・ニーズを共有する
  • まとめ

参加者用/投影用資料・テキストイメージ

ファシリテーター用/マニュアルイメージ