学習テーマ

管理職

学習テーマケーススタディ「自分ではわからないセクハラのセーフとアウト」

時代の変化に伴い私たちの考えも改める

昭和・平成が終わり、私たちの働き方も大きく変化を見せ始めています。セクシャルハラスメントについても同様で、「昔なら大丈夫だったのに・・・」という言葉を発する人ほど、自身のセクハラ行為に気付けていないように感じます。時代は変わりましたので、私たちも知識や考え方をアップデートしなくてはならないのです。本テーマでは、セクシャルハラスメントのケースをもとに、自覚が難しい“セクハラの境界線”について考えます。今後セクハラの加害者・被害者を生まないためにも、「私は大丈夫」と思わず、自分事としてとらえてセクハラ問題と向き合ってみてください。


カテゴリー

コミュニケーション

対象者

管理職

学習のねらい

ケーススタディを通じて、自覚が難しいセクハラの境界線を知る

学習内容(60分間)

  • 本テーマのねらい
  • ケーススタディの進め方
  • ケースA「テニスサークルでの出来事」
  • ケースB「A課長の1日」
  • 今後に向けて
  • まとめ

参加者用/テキストイメージ

ファシリテーター用/マニュアルイメージ

さあ やろうぜ!社内勉強会!

03-5413-4413

平日9:00〜18:00

お問い合わせ